蝸牛くも×so-binが贈るダークファンタジー『ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-』日本語版・英語翻訳版の同時リリースが決定

出版・映像ブランド「ドリコムメディア」は、ライトノベルレーベル「DREノベルス」より、蝸牛くも氏so-bin氏による新作ダークファンタジー『ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-』の日本語版と英語翻訳版の電子書籍を同時リリースする。英語翻訳版は「J-Novel Club」を通して電子配信される。あわせて序章と第一章の試し読みも日本語版と英語翻訳版でスタートしており、日本語版はDREノベルスの公式サイトにて、英語翻訳版はJ-Novel Clubにてそれぞれ読むことができる。また、DREノベルスの作品は「J-Novel Club」と提携し、日本語版と英語翻訳版の電子書籍の同時リリースを目指していく。

 

 

ブレイド&バスタード

 

 

【あらすじ】

誰も足を踏み入れたことのない《迷宮(ダンジョン)》の奥で発見された、あるはずのない冒険者の死体――蘇生されたものの記憶を失った男イアルマスは、単独(ソロ)で《迷宮》に潜っては冒険者の死体を回収する日々を送っていた。《蘇生》が成功しようが失敗して灰となろうが、頓着せず対価を求める姿を蔑みつつも一目置く冒険者たち。そんな彼の灰塗れの日常は、壊滅した徒党(パーティ)の唯一の生き残り「残飯(ガーベイジ)」と呼ばれる少女剣士との出会いを機に動き始める! 蝸牛くも×so-binが贈るダークファンタジー登場!!

 

 

『ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-』は、株式会社ドリコムが著作権及び商標権を持つ、名作RPG『ウィザードリィ(Wizardry)』の世界観をモチーフに、蝸牛くも氏がまったく新しいストーリーを紡いでいる。また、アニメコンベンション「Anime NYC」にて先行公開した第1弾PV、そして本作の著者・蝸牛くも氏とイラストレーター・so-bin氏からのコメントも公開。PVでは声優の古川慎さんをはじめ、豪華キャスト陣が出演している。

 

 

 

 

■蝸牛くも氏よりコメント

ドーモ、蝸牛くもです! 私がウィザードリィと出会った頃には、すでにその名は伝説的名作として不朽のものでした。私はひたすら先達の冒険者たちの足跡を辿っては、すごいなあ、と憧れる立場だったのです。なので本作には、自分が見聞きした物語への憧れを、たっぷり詰め込んだつもりでいます。歴戦の冒険者の方々は、どうか「仕方ないな」と笑ってやってください。新規の冒険者の方々は、どうか此処からウィザードリィに入って頂ければ幸いです。そして恥ずかしながら、せっかくなので、私からこの一文を皆さんに贈らせてください。WELCOME TO THE WORLD WIZARDRY!

 

■so-bin氏よりコメント

蝸牛さんとは何年か前にドイツのイベントで楽しくお話させてもらえる機会がありまして知らない仲でもないしこれも何かの縁だなと思い『ブレイド&バスタード』のイラストを担当させて頂きました。新しいタイトルなのであまりネタバレ的なことは言えませんが1巻を読むと早く続きが読みたくなる、ストレートにワクワクさせてくれる物語だと感じてます。最後まで読みたいので末永く続いてくれることを祈っております!

 

 

『ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い-』は、DREノベルスより2022年12月9日発売。

 

 

kiji

[関連サイト]

『ブレイド&バスタード』公式Twitter

DREノベルス公式サイト

 

ブレイド&バスタード -灰は暖かく、迷宮は仄暗い- (DREノベルス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ