『末王女の輿入れ ~その陰で嵌められ、使い捨てられた王女の影武者の少女が自分の幸せを掴むまで~』のコミカライズ連載が開始

Kラノベブックスf刊『末王女の輿入れ ~その陰で嵌められ、使い捨てられた王女の影武者の少女が自分の幸せを掴むまで~』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「Palcy」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、王女の影武者をしていた主人公が、王女の策略によって王国を追放されるも、影武者時代に接し続けていた婚約者と再会して始まる身代わりラブファンタジー。原作小説は第1巻が10月2日に発売されたばかり。コミカライズの作画は原作小説のイラストも手掛ける玉木とらこ氏が担当しており、第1-4話まで無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。不遇だった影武者少女のシンデレラストーリーが早くもコミックでスタートした。

 

 

末王女の輿入れ

 

 

【原作小説あらすじ】

孤児であるメアリーは、他人の髪色をコピーできる特殊能力――”ギフト”を授かったことをきっかけに、王女レオノーラの影武者となっていた。レオノーラよりほぼ全ての公務を丸投げされる日々。そんなある日、メアリーは王女の身代わりとして彼女の婚約者候補に会ってくるよう銘じられる。メアリーは婚約者候補である辺境伯の嫡男・アルベルトと”レオノーラとして”交流を重ね、徐々に惹かれ合っていく。しかし自分の正体を明かせず、更にある事件をきっかけにメアリーはレオノーラに嵌められ王国を追放されてしまい……!?一人の王女が自身の人生を悔い、使い捨てられた影武者の少女が自分の幸せを掴むまでの物語、ここに開幕。

 

 

【コミックサンプル】

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

末王女の輿入れ

 

 

担当編集者よりコメント

授かった特殊能力のせいで末王女の影武者となってしまったメアリーが、末王女の婚約者候補であるアルベルトと出逢う、王道・身代わりシンデレラストーリー。様々な思惑が絡み合いハラハラする展開や美麗な絵にも是非ご注目ください!

 

 

次回の更新は2023年10月18日(水)が予定されており、今後の更新は隔週水曜日に行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、発売されたばかりの原作小説もぜひ読んでみよう。『末王女の輿入れ ~その陰で嵌められ、使い捨てられた王女の影武者の少女が自分の幸せを掴むまで~』は、Kラノベブックスfより第1巻が発売中。

 

 

kiji

[関連サイト]

Kラノベブックス公式サイト

 

※このページにはアフィリエイトリンクが使用されています
末王女の輿入れ ~その陰で嵌められ、使い捨てられた王女の影武者の少女が自分の幸せを掴むまで~ (Kラノベブックスf)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ