『非戦闘職の魔道具研究員、実は規格外のSランク魔導師 ~勤務時間外に無給で成果を上げてきたのに無能と言われて首になりました~』のコミカライズ連載が開始

GAノベル刊『非戦闘職の魔道具研究員、実は規格外のSランク魔導師 ~勤務時間外に無給で成果を上げてきたのに無能と言われて首になりました~』のコミカライズ連載が、マンガアプリ「マンガUP!」にて開始された。本作はWEB発の作品で、魔導研究員として多くの成果をあげながらも利権を狙われ学院を追放された主人公が、辺境の地ではじめるマイペースな引きこもり研究ファンタジー。原作小説は現在第4巻まで発売されている。コミカライズの作画は高畠宗太氏が担当しており、第1話が無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。大ピンチの元職場を尻目に送る悠々自適なスローライフがコミックでもスタートした。

 

 

非戦闘職の魔道具研究員、実は規格外のSランク魔導師 ~勤務時間外に無給で成果を上げてきたのに無能と言われて首になりました~

 

 

【原作小説あらすじ】

「シュトライト君。明日から君の仕事はない」「察しが悪いな。クビだと言っているんだ!」賢者の学院で日々魔道具開発にいそしむ規格外の天才魔道具師ヴェルナー。彼の作る魔道具は画期的なものばかりで、学院は名声を高めに高め、資金面でも潤っていた。――だが。ある日突然、彼の才能を妬み、魔道具の利権に目がくらんだ学院長たちによってヴェルナーは学院を追放されてしまった。やむなく野に下り、一人楽しく研究を続けることにしたヴェルナー。お金はこれまで充分貯めてきたし、魔道具のロイヤリティ収入もある。マイペースに生きていくのになんの不安もなかった。いっぽう、彼のいなくなった学院は、誰も研究の成果を継ぐことができず、大変なことになっていた!!質の悪い魔道具さえ期限までに納入できずに慌てふためく学部長たち。呆れた王宮は優秀なヴェルナーを取り込もうと動き始め、さらには暗黒教団まで彼の魔道具目当てに不穏な行動を見せ始めて……!?ドラゴンや弟子の少女たちと一緒に、安心安全、快適で目立たない毎日を目指す、ヴェルナーのひきこもり研究ライフ、開幕!!

 

 

次回の更新は2023年11月9日(木)が予定されており、今後の更新は3週連続で木曜日に行われ、その後1週休載のペースで行われる。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説を読んでみよう。『非戦闘職の魔道具研究員、実は規格外のSランク魔導師 ~勤務時間外に無給で成果を上げてきたのに無能と言われて首になりました~』は、GAノベルより第4巻まで発売中。

 

 

©えぞぎんぎつね/ SB Creative Corp. イラスト:トモゼロ

kiji

[関連サイト]

GAノベル公式サイト

 

※このページにはアフィリエイトリンクが使用されています
非戦闘職の魔道具研究員、実は規格外のSランク魔導師4 ~勤務時間外に無給で成果を上げてきたのに無能と言われて首になりました~ (GAノベル)
非戦闘職の魔道具研究員、実は規格外のSランク魔導師 ~勤務時間外に無給で成果を上げてきたのに無能と言われて首になりました (GAノベル)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ