『ダンジョン・バスターズ ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~』のコミカライズ企画が進行中

オーバーラップノベルス刊『ダンジョン・バスターズ ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~』のコミカライズ企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、経営コンサルティング業を営む主人公が、世界各地に出現したダンジョンを10年以内にすべて攻略するため、ダンジョン攻略専門企業を起ち上げて世界の滅亡を防ぐ現代ファンタジー。原作小説は第1巻が6月25日に発売されたばかりで、圧倒的リアリティで描くダンジョン攻略譚が早くも漫画化に向けて動き出している。

 

 

ダンジョン・バスターズ ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~

 

 

【あらすじ】

東京都江戸川区で経営コンサルティング業を営む江副和彦は、自宅の庭に奇妙な地下空間が出現していることに気づく。そしてその地下空間――最初のダンジョン『深淵』に踏み入ったことで、この世界の「ダンジョン・システム」が起動。突如現れ江副の下僕を名乗る謎の美女・朱音から、衝撃的な事実を聞かされる。「今後、世界666ヶ所にダンジョンが出現し、10年以内に全ダンジョンが攻略されないと『魔物大氾濫』によって世界は滅亡する――」。この事実を知った江副は滅亡を防ぐため、ダンジョン攻略を決意するのだった。やがて世界各地にダンジョンが出現し始め、各国政府もダンジョン対策に乗り出す。ダンジョンの恩恵を知った日本政府は、いち早く民間人冒険者登用制度を導入し、試験運用を開始。江副は試験を受けると同時に、見込みのある仲間を集めてダンジョン攻略専門企業「株式会社ダンジョン・バスターズ」を設立するが……!? 圧倒的リアリティで贈るダンジョン攻略譚、開幕!

 

 

コミカライズの作画担当者や連載媒体、連載時期などの詳細は今後の続報を待ちたい。コミカライズ企画が進行するこの機会に発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『ダンジョン・バスターズ ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~』は、オーバーラップノベルスより第1巻が発売中。

 

 

©篠崎冬馬/オーバーラップ イラスト:千里GAN

kiji

[関連サイト]

『ダンジョン・バスターズ』特設サイト

オーバーラップノベルス公式サイト

 

ダンジョン・バスターズ 1 ~中年男ですが庭にダンジョンが出現したので世界を救います~ (オーバーラップノベルス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ