『陰の実力者になりたくて!』TVアニメ化企画が進行中 シリーズ累計も100万部を突破

エンターブレイン単行本『陰の実力者になりたくて!』のTVアニメ化企画が進行している。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、世界の暗躍者たる「陰の実力者」に憧れていた中二病の少年が、転生した異世界で本物の陰の実力者へと昇り詰めていく勘違いコメディを描く。原作小説は第4巻が本日2月26日に発売となり、シリーズ累計は100万部を突破している。2018年から「コンプエース」にて本編コミカライズやスピンオフ4コマ「しゃどーがいでん」の連載も行われており、小説と漫画の双方で人気を集める本作がTVアニメ化に向けて動き出した。

 

 

陰の実力者になりたくて!

 

 

【あらすじ】

『我が名はシャドウ。陰に潜み、陰を狩る者……』みたいな中二病設定を楽しんでいたら、まさかの現実に!? 主人公でも、ラスボスでもない。普段は実力を隠してモブに徹し、物語に陰ながら介入して密かに実力を示す「陰の実力者」。この「陰の実力者」に憧れ、日々モブとして目立たず生活しながら、力を求めて修業していた少年は、事故で命を失い、異世界に転生した。これ幸いと少年・シドは異世界で「陰の実力者」設定を楽しむために、「妄想」で作り上げた「闇の教団」を倒すべく(おふざけで)暗躍していたところ、どうやら本当に、その「闇の教団」が存在していて……? ノリで配下にした少女たちは勘違いからシドを崇拝し、シドは本人も知らぬところで本物の「陰の実力者」になっていき、そしてシドが率いる陰の組織「シャドウガーデン」は、やがて世界の闇を滅ぼしていく――。

 

 

2019年には「新作ラノベ総選挙2019」新文芸・ブックス部門で第1位を獲得している。ファン待望となるアニメ化に向けて動き出したこの機会にぜひ本作を読んでみてもらいたい。『陰の実力者になりたくて!』は、エンターブレイン単行本より第4巻まで発売中。

 

 

 

 

©Daisuke Aizawa Illust:東西

kiji

[関連サイト]

エンターブレイン|KADOKAWA公式サイト

 

陰の実力者になりたくて! 04
陰の実力者になりたくて! 01

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ