【らのすぽ!】ゲストに榎宮祐先生や川原礫先生も出演!『らのすぽベストセレクション2020』ステージレポート

KADOKAWAの5大ライトノベルレーベルが集まる初のイベントを記念して、各レーベルの名作を読者と共に選出する投票企画『らのすぽベストセレクション2020』結果発表ステージが、埼玉・ところざわサクラタウンで開催された「KADOKAWA ライトノベルEXPO2020」(通称:らのすぽ!)内にて、2021年3月6日(土)に開催された。配信イベントとして行われたステージには、総合MCの松澤千晶さん、声優の日高里菜さん、小倉唯さん、そしてラノベ系YouTuberやまさきりゅうさんが作品解説として出演。サプライズゲストも登場し、120作品がノミネートされた全10部門の「一番〇〇なラノベ」の結果発表の模様をお届けする。

 

 

らのすぽ!セレクション01

 

 

『らのすぽベストセレクション2020』の投票は、2021年1月25日から2月25日までの1ヶ月間で実施。【最強の主人公!】【至高のヒロイン!】【完璧な二人の絆!】【最高のチーム!】【極上のコメディ!】【不滅の青春!】【至高の萌え!】【珠玉の感動!】【無限の熱さ!】【魅惑の背徳!】の10部門で投票が行われた。対象作品には不朽の名作から気鋭の新シリーズまで幅広くノミネートされていた。登壇した日高里菜さんは『とある魔術の禁書目録』のラストオーダー役が初のラノベ出演作とのことで、「出演当時は中学生だった」と当時を振り返りながら語った。小倉唯さんは『神様のメモ帳』のアリス役がラノベ初出演作だったとのこと。「自分が声優になったきっかけがラノベ作品にあると言っても過言ではない」と語り、日高里菜さんとは『ロウきゅーぶ!』にて共演して仲良くなったというエピソードも披露されるなど、思い出話に花を咲かせた。そしてYouTubeにてアニメやライトノベルの動画を配信しているやまさきりゅうさんも登場。『探偵はもう、死んでいる。』のプロモーションにも携わるなど活躍の幅を広げており、本ステージにも登場となった。ステージ序盤では緊張した様子を見せながらも「読者がライトノベルを読むきっかけや参考になれば」と、配信活動を始めた理由についても語られた。

 

らのすぽ!セレクション02

 

 

そして壇上ではいよいよ結果発表が開始となる。最初に発表された部門は【完璧な二人の絆!】。1位には『ノーゲーム・ノーライフ』が選出され、サプライズゲストとして著者の榎宮祐先生が壇上に登場した。サングラスにマスク姿、さらに首からは「新刊鋭意執筆中」の札を下げての登場に、配信コメントでは「マジか!」といった驚きのコメントも多数投稿されるなど、本人の登場は正真正銘のサプライズとなった。「新刊が出ていないのに選んでいただきありがとうございます」と感想を述べながら、「書いてますので、本当」と執筆中の札を掲げるシーンもあった。榎宮祐先生は文章とイラストの両方をひとりで手掛けており、「もともとは漫画を描いていた」「持ち込んだ編集者から絵も描けばと言われて文章と絵の両方を描くようになった」「『ノーゲーム・ノーライフ』は漫画の原作として作ったお話」といった様々な制作秘話も飛び出した。また、色使いが特徴的なイラストについても触れられ、「もう少し派手なイラストをと編集者に言われ、モネのイラストが送られてきた」と、多くのファンを魅了する色使いが生まれた理由についても明かされた。2014年に放送されたアニメについても、「自分の想像を超えるものを寄こされたので、率直に悔しかった」と映像を見た時の感想も語られた。

 

らのすぽ!セレクション03

 

 

その後も各部門の順位が次々と発表され、【極上のコメディ!】では『この素晴らしい世界に祝福を!』、【不滅の青春!】では『青春ブタ野郎はバニ-ガ-ル先輩の夢を見ない』、【至高の萌え!】では『デート・ア・ライブ』、【最高のチーム!】では『バカとテストと召喚獣』が受賞した。『この素晴らしい世界に祝福を!』については「やったぜ!」という暁なつめ先生からの受賞コメントにも触れながら、アニメのアフレコ現場での様子についても語った小倉唯さん。「台本どこいったってくらい、みなさんのアドリブがすごくてびっくりした。いい意味ですごくカオスな役者泣かせの現場でしたね」と、出演者とスタッフが一丸となって面白さを追求していたというエピソードも披露した。『青春ブタ野郎はバニ-ガ-ル先輩の夢を見ない』については「今の中高生には共感を、大人には中高生時代に考えていた懐古を感じさせてくれる作品」だとやまさきりゅうさんが紹介。『デート・ア・ライブ』については「なぜ1位を取れたのでしょうか。――そうだね。腕力だね。萌え・イズ・パワー。腕力は全てを解決する」とコメントを寄せた橘公司先生。『バカとテストと召喚獣』では「一部チームワークというより一蓮托生という感じがしなくもないですが、それはそれということで!」という井上堅二先生のコメントも紹介。「秀吉」という性別が生まれた作品としても、懐かしさを交えながら壇上ではトークが交わされた。

 

らのすぽ!セレクション04

 

 

ここで発表は一旦小休止となり、ミニコーナー「『ロウきゅーぶ!』の思い出を語ろう!」が行われた。今年でアニメ10周年を迎えている本作では香椎愛莉役を日高里菜さん、袴田ひなた役を小倉唯さんが演じており、「誰かの1位になっていることは間違いない!」として作品を振り返った。初めて作品を手に取った時の印象として「てぃんくる先生の絵が本当に可愛くて衝撃的だった」と日高里菜さん。「どの子もめちゃくちゃいい子で可愛くて頑張り屋さんで、応援したくなるスポ根作品として印象が強かった」とキャラクターへの思いも語った。小倉唯さんも「最初はちょっと恥ずかしくなるようなシーンもあったけど、バスケに対する情熱とのギャップが良い意味である作品だなと感じました」と懐かしさと共に思い返していた。また、お二人からやまさきりゅうさんへ「愛莉とひなたのどちらが好きか」という質問も投げられ、「どちらかと言えば」と前置きをした上で「素直に可愛い袴田ひなたちゃん」と照れ隠しをしながら答える姿も印象的だった。ほかにも声優ユニットとしての活動も振り返りながら、ひさしぶりに演じたくなったというお二人の声も聞こえてくる思い出エピソードが満載のコーナーとなった。

 

らのすぽ!セレクション05

 

 

そして結果発表は後半戦へと突入する。【魅惑の背徳!】では『新妹魔王の契約者』、【珠玉の感動!】では『Re:ゼロから始める異世界生活』、【無限の熱さ!】では『ようこそ実力至上主義の教室へ』、【至高のヒロイン!】では『冴えない彼女の育てかた』、【最強の主人公!】では『ソードアート・オンライン』が受賞した。『新妹魔王の契約者』については寄せられたコメント内にて、最新刊が4月1日に発売されることも告知。『Re:ゼロから始める異世界生活』については「今後も自分の思い描く「感動」を叩き込んだ作品をお届けできるよう頑張っていきます!」と長月達平先生よりコメントが寄せられた。『ようこそ実力至上主義の教室へ』では、「無限の熱さ部門で1位をいただけたということで大変感謝しております」と衣笠彰梧先生からのコメントも紹介された。『冴えない彼女の育てかた』では「この部門で1位を取るくらい、キャラクターの1人1人が本当に可愛い」とやまさきりゅうさん。「加藤恵というキャラクターは、自分自身にとっても一生忘れることができない至高のヒロインに育ちました」と、イラストを担当する深崎暮人さんからもコメントが寄せられた。

 

らのすぽ!セレクション06

 

 

そして【最強の主人公!】を受賞した『ソードアート・オンライン』からは、再びサプライズゲストとして川原礫先生がリモートで出演した。キリトだけが普通の高校生としながら「選んでいただいてとても嬉しいです」と感想を述べた。続いてキリトについてどう描いているのかを聞かれ、「狙って書こうとすると外すか、いやらしくなっちゃう。なのでキリトのことは俯瞰的に見ている」と、著者でありながら自由に動くキリトを見守るような立場にいると明かした。日高里菜さんからも「キリトの認めているところや格好いいと思っているところを教えてほしい」と質問が飛び、悩みながらも「いろんな人に対していい加減にならず、彼なりに真剣なところ」と答えた。小倉唯さんは「先生の中でキリトというキャラクターが生きているんだなって感じました」と印象に触れていた。

 

今回のランキングには名作はもちろん、新作も多数ランクインする今と昔とが程よく入り乱れる結果となった。「萌え」とは何か、「強さ」とは何かをあらためて再確認する機会にもなったと出演者も語り、『らのすぽベストセレクション2020』の幕は下ろされた。

 

 

【完璧な二人の絆!】

1位:ノーゲーム・ノーライフ

2位:探偵はもう、死んでいる。

3位:安達としまむら

 

【極上のコメディ!】

1位:この素晴らしい世界に祝福を!

2位:生徒会の一存

3位:はたらく魔王さま!

 

【不滅の青春!】

1位:青春ブタ野郎はバニ-ガ-ル先輩の夢を見ない

2位:とらドラ!

3位:僕は友達が少ない

 

【至高の萌え!】

1位:デート・ア・ライブ

2位:幼なじみが絶対に負けないラブコメ

3位:変態王子と笑わない猫。

 

【最高のチーム!】

1位:バカとテストと召喚獣

2位:スパイ教室

3位:ライアー・ライアー

 

【魅惑の背徳!】

1位:新妹魔王の契約者

2位:回復術士のやり直し

3位:賢勇者シコルスキ・ジーライフの大いなる探求

 

【珠玉の感動!】

1位:Re:ゼロから始める異世界生活

2位:終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?

3位:86―エイティシックス―

 

【無限の熱さ!】

1位:ようこそ実力至上主義の教室へ

2位:とある魔術の禁書目録

3位:ハイスクールD×D

 

【至高のヒロイン!】

1位:冴えない彼女の育てかた

2位:涼宮ハルヒの憂鬱

3位:“文学少女”と死にたがりの道化

4位:狼と香辛料

5位:ゼロの使い魔

 

【最強の主人公!】

1位:ソードアート・オンライン

2位:魔法科高校の劣等生

3位:リアデイルの大地にて

4位:スレイヤーズ

5位:緋弾のアリア

 

 

kiji

[関連サイト]

『らのすぽベストセレクション2020』特設サイト

 

ノーゲーム・ノーライフ10 ゲーマー兄妹は過去(ツケ)を払わされるようです (MF文庫J)
ソードアート・オンライン25 ユナイタル・リングIV (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ