『剣神と魔帝の息子はダテじゃない』のコミカライズ連載が開始

ダッシュエックス文庫刊『剣神と魔帝の息子はダテじゃない』のコミカライズ連載が、「水曜日はまったりダッシュエックスコミック」にて開始された。本作は英雄と呼ばれた剣神と魔帝の間に生まれた一人の少年が、二人から受け継いだ規格外の力で冒険を繰り広げる最強ファンタジー。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画は結ゆい氏が担当しており、第1話「旅立ちと出会い」がカラー含む26ページで公開された。超規格外な力を持った少年の冒険譚がコミックでもスタートした。

 

 

剣神と魔帝の息子はダテじゃない

 

 

【原作小説あらすじ】

世界一の腕前を持つ剣神(♂)と魔帝(♀)は幾度となく人々を救い、お互いの力を確かめ合うかのように激闘を繰り広げていた。そして、突如結婚を決めて世界を騒がすと、忽然と姿を消してしまった。三年後、冒険者の墓場とされる魔の森には、ふたりとその息子・リュークがいた。彼はまだ赤子ではあったが、母の真似をして魔法を唱えたところ――なんと、いとも簡単に魔法を使えてしまったのである!! その後、両親の才能を引き継ぎ剣と魔法の力を驚異的に伸ばしたリュークは、ひとり旅に出かける。その道中で出会った姉妹に連れられ、冒険者登録をしにギルドに向かい、ランク決めをすることになるのだが――結果は最強のSS級だった!!

 

 

⇒ コミカライズ版『剣神と魔帝の息子はダテじゃない』はこちら

 

次回の更新は2021年5月5日(水)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『剣神と魔帝の息子はダテじゃない』は、ダッシュエックス文庫より第2巻まで発売中。

 

 

©shiryu 2019/集英社 イラスト:葉山えいし

kiji

[関連サイト]

ダッシュエックス文庫公式サイト

 

剣神と魔帝の息子はダテじゃない 2 (ダッシュエックス文庫)
剣神と魔帝の息子はダテじゃない (ダッシュエックス文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ