『魔弾の王と聖泉の双紋剣』のコミカライズ連載が開始 ティグルとリムアリーシャを描いたスピンオフシリーズ

ダッシュエックス文庫刊『魔弾の王と聖泉の双紋剣』のコミカライズ連載が、「水曜日はまったりダッシュエックスコミック」にて開始された。本作は『魔弾』シリーズの世界観で描かれるパラレルワールド作品で、川口士氏監修のもとに綴られるティグルと、エレンの腹心で副官でも知られるリムアリーシャの二人を中心に描いたスピンオフシリーズ。原作小説は現在第5巻まで発売されている。コミカライズの作画はbomi氏が担当しており、第1話が27ページで公開された。ティグルとリムの冒険を描いた新たな物語がコミックでもスタートした。

 

 

魔弾の王と聖泉の双紋剣

 

 

【原作小説あらすじ】

後に戦姫を継ぐ騎士リムはライトメリッツ公国の主君たるエレンの指揮のもと、客将ティグルとともに、アスヴァール王国の大軍の侵攻を迎え撃っていた。激戦のさなか、突如として現れた飛竜に捕まりアスヴァール本土へと連れ去られたティグルとリムは、アスヴァール王女ギネヴィアから、信じられない話を聞かされる。三百年も昔の人間であるはずのアスヴァールの建国王アルトリウスが突如蘇り、国を掌握してしまったというのだ。ギネヴィアに協力することになった二人だったが、その前に、ティグルを上回る弓の力を持ち、そしてティグルのことを「今代の弓」と呼ぶ謎の男が立ちはだかり――。異国の地で、ティグルとリムに恐るべき敵が迫る。

 

 

⇒ コミカライズ版『魔弾の王と聖泉の双紋剣』はこちら

 

次回の更新は2021年9月4日(土)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『魔弾の王と聖泉の双紋剣』は、ダッシュエックス文庫より第5巻まで発売中。最新6巻も2021年8月25日発売。

 

 

©TSUKASA KAWAGUCHI 2019 ©TSUKASA SEO 2019/集英社 イラスト:八坂ミナト

kiji

[関連サイト]

『魔弾の王と聖泉の双紋剣』特設サイト

ダッシュエックス文庫公式サイト

 

魔弾の王と聖泉の双紋剣 6 (ダッシュエックス文庫)
魔弾の王と聖泉の双紋剣 (ダッシュエックス文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ