『魔王使いの最強支配』のコミカライズが決定 魔王を従わせる力を手にした少年の圧倒的無双ファンタジー

HJ文庫刊『魔王使いの最強支配』のコミカライズが決定した。本作は勇者パーティーを追放された魔物使いの冒険者が、封印された七魔王の一人の封印を解いただけでなくテイムして始まる圧倒的無双ファンタジーを描く。原作小説は第1巻が10月1日に発売されたばかり。コミカライズの作画は大関詠詞氏が担当することも決定しており、連載は「コミックファイア」にて行われる。魔王を従わせる力を手にした少年の物語が早くも漫画化に向けて動き出している。

 

 

魔王使いの最強支配

 

 

【あらすじ】

魔物使いの冒険者・ルインは無能として勇者パーティーを追放された。司令塔という陰の功績を知られることもなく……。しかし、封印された七魔王の一人、死の魔王・サシャを見つけた瞬間、彼は魔王を従える力をもつ魔王使いに覚醒!! さらに封印を解くと同時に、魔王・サシャをテイムしてしまい――サシャを仲間とし、魔王の力を引き出すことに成功したルインは、人と魔族の争いの原因である全ての魔王を従えようと動き出す。魔王を統べる少年による、圧倒的無双ファンタジー、開幕!!

 

 

コミカライズの連載時期については今後の続報を待ちたい。コミカライズが決定したこの機会に、発売されたばかりの本作をぜひ読んでみよう。『魔王使いの最強支配』は、HJ文庫より第1巻が発売中。

 

 

©空埜一樹/ホビージャパン イラスト:コユコム

kiji

[関連サイト]

『魔王使いの最強支配』特設ページ

HJ文庫公式サイト

 

魔王使いの最強支配 1 (HJ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ