『いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。』のコミカライズ連載が開始

HJ文庫刊『いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。』のコミカライズ連載が、「コミックファイア」にて開始された。本作はいつもそっけない態度を取ってくる幼なじみの心の声が聞こえるようになった主人公と、そんな彼への片思いをこじらせまくっている少女が織り成すバレバレ片思いラブコメディ。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画はミナミト氏が担当しており、第1-1話が32ページで公開された。ベタ惚れ片思いが丸聞こえなほとんど両想いのラブコメがコミックでもスタートした。

 

 

いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。

 

 

【原作小説あらすじ】

《今日こそ、こうちゃんに告白するんだから!》 特にモテる訳でもない男子高校生・二武幸太(にたけこうた)に、いきなり聞こえてきた声。それは、いつも彼にそっけない態度をとる幼なじみ・夢見ヶ崎綾乃の心の声だった! 綾乃が自分にベタ惚れなんて全く知らなかった幸太だが――。《本当はこうちゃんの方から話しかけてほしかった……。》 いきなり筒抜けになった綾乃の片想いに彼女を意識しだす幸太。しかしそこで「心の声」の意外な副作用が見つかって――!?

 

 

⇒ コミカライズ版『いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。』はこちら

 

次回の更新は2022年1月7日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。』は、HJ文庫より第2巻まで発売中。

 

 

©六升六郎太/ホビージャパン イラスト:bun150

kiji

[関連サイト]

『いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。』特設サイト

HJ文庫公式サイト

 

いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。 2 (HJ文庫)
いっつも塩対応な幼なじみだけど、俺に片想いしているのがバレバレでかわいい。1 (HJ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ