『昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に溺愛してくるのですが?』のコミカライズ配信が先行開始

TOブックス刊『昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に溺愛してくるのですが?』のコミカライズ配信が、「コミックシーモア」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、孤独な結婚生活を送り続けていた令嬢が、突然に自身を溺愛するようになった元冷徹無慈悲な夫と送る、やり直し溺愛ファンタジー。原作小説は第1巻が2023年10月20日に発売される。コミカライズの作画は風見まつり氏が担当しており、第3話まで有料配信が行われている。死に戻りで愛を見つけた冷血公爵と不遇なおっとり女神令嬢の物語が一足先にコミックでスタートした。

 

 

昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に溺愛してくるのですが?

 

 

【原作小説あらすじ】

「どうしてこんなに愛してくれるの……?」 マリエーヌを悩ませるのは、冷徹無慈悲な夫・アレクシア公爵の変貌だ。屋敷に閉じ込められた孤独な結婚生活だったのに、突然プロポーズされ、“僕の女神”と溺愛してきたのだ! 宝石まみれの花束を贈られ、恋愛小説の胸キュンテクニックで口説かれ。不器用で真っ直ぐな愛の言葉に、凍えた心が癒えていく。だけど──愛されている理由が分からない。仮初の人格が現れたのか? 何がきっかけで、心を入れ替えたのか……?「もう一度奇跡が起こるなら──僕が必ず君を幸せにしてみせる」 死に戻りで愛を見つけた冷血公爵×不遇なおっとり女神令嬢による、やり直し溺愛ファンタジー開幕!

 

 

⇒ コミカライズ版『昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に溺愛してくるのですが?』はこちら

 

配信の形式は単話におけるバラ売りとなっており、無料連載とは異なる形式が採用されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者は、発売される原作小説もぜひ読んでみよう。『昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に溺愛してくるのですが?』第1巻は、TOブックスより2023年10月20日発売。

 

 

©三月叶姫/TOブックス イラスト:whimhalooo

kiji

[関連サイト]

TOブックス公式サイト

 

※このページにはアフィリエイトリンクが使用されています
昨日まで名前も呼んでくれなかった公爵様が、急に溺愛してくるのですが?

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ