『9S〈ナインエス〉』シリーズ最新刊が12年ぶりに刊行決定 2024年2月9日に第12巻&第13巻が同時刊行&完結へ

電撃文庫刊『9S〈ナインエス〉』シリーズの最新刊が12年ぶりに刊行されることが決定した。本作は「狂気の天才」と呼ばれた科学者・峰島勇次郎の残した「遺産」と呼ばれる発明を巡る戦いを描いた鮮烈SFハードアクションシリーズ。2003年に刊行を開始した作品で、本編第11巻は2012年に発売されていた。2019年に一度再始動が発表されるも延期となっていたが、2024年2月9日に第12巻と第13巻が同時刊行され、完結する旨明らかとなった。このたびの再始動&完結の発表にあわせて、増田メグミ氏による新規ビジュアルもお披露目されている。

 

 

9S〈ナインエス〉

 

 

また「電撃ノベコミ+」では、第1巻が2024年2月2日までの期間限定で無料公開も実施されている。未読の方はこの機会を活用してぜひ本作に触れてみてもらいたい。『9S〈ナインエス〉』は、電撃文庫より第11巻まで、短編も2冊が発売中。最新12巻と13巻は2024年2月9日発売予定。

 

 

©葉山透/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:増田メグミ

kiji

[関連サイト]

電撃文庫公式サイト

 

※このページにはアフィリエイトリンクが使用されています
9S<ナインエス>XI true side (電撃文庫)
9S<ナインエス> (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ