【2020年4月刊応援企画】本は買い溜め大歓迎! 4月刊行の新作作品を読もう!【第6弾】 #2020年4月刊応援

ラノベニュースオンラインは「#2020年4月刊応援」企画に賛同し、4月に刊行される作品の紹介企画を実施いたします。緊急事態宣言を受け、多くの専門店や書店店舗において、時間短縮営業や休業の措置が取られています。店舗を通して多くの人の目に触れるはずだった「作品と読者の出会いの機会」が減少し、外出自粛が推奨される情勢下でデビューされる作家さんはもちろん、新たなシリーズをスタートさせる作家さんを応援すべく、新作作品を随時紹介してまいります。作品と読者の出会いの機会に少しでも寄与できることを願っています。

⇒ 2020年4月刊応援企画第1弾はこちら / ⇒ 2020年4月刊応援企画第2弾はこちら

⇒ 2020年4月刊応援企画第3弾はこちら / ⇒ 2020年4月刊応援企画第4弾はこちら

⇒ 2020年4月刊応援企画第5弾はこちら

 

 

皇帝陛下の美食王膳 陽春国宮廷料理帖

皇帝陛下の美食王膳 陽春国宮廷料理帖

©和泉桂/双葉社 イラスト:サカノ景子

 

【あらすじ】

大の料理好きである厨娘・茗鈴(めいりん)の勤め先が宮廷の台所・光禄寺に決まる。宮廷に君臨する新たな皇帝陛下・月晨(げっしん)は、若く聡明で優秀だが――ものすごく吝嗇(ケチ)だった。豪華な宮廷料理はムダと一蹴され、このままでは光禄寺は取りつぶしになってしまう! 茗鈴は、そんな皇帝陛下においしい料理を食べてもらい、心変わりをさせるという大役を仰せつかったのだが…。おいしい料理で心を溶かす、中華風お料理ファンタジー。

 

 

ツギネ江戸奇譚 ―藪のせがれと錠前屋―

ツギネ江戸奇譚 ―藪のせがれと錠前屋―

©佐倉ユミ/集英社 イラスト:鈴木次郎

 

草むらに向かって名を呼ぶと、その男は思ったよりもだいぶ離れたところから、ひょこりと顔を出した。

 

【あらすじ】

藪医者のせがれと後ろ指をさされてきた由太郎は、自分自身から逃れるように長屋暮らしをている。自ら命を絶った妹、梓のことも常に心に翳を落としていた。風変わりな錠前屋、次嶺(つぎね)に出会うまでは――。つかみどころのない、この男と過ごすうち、人と人ならざる者、あの世とこの世が交錯する江戸で固く閉ざしていたはずの由太郎の心に変化が!? 導きの幻想江戸奇譚!

 

 

きのうの春で、君を待つ

きのうの春で、君を待つ

©八目迷くっか/小学館「ガガガ文庫」

 

幼馴染だった二人、すれ違う時間と感情。

 

【あらすじ】

夕方6時のチャイム“グリーンスリーブス”が流れ、カナエの意識は時間を跳躍する――。東京からかつて住んでいた離島・袖島に家出してきた船見カナエは、時間を遡る現象“ロールバック”に巻き込まれる。乱れた時間のなかで、2年ぶりに再会したカナエの幼馴染である保科あかりが、彼にあるお願いをする。「お兄ちゃんを、救ってほしい」。ロールバックを利用し、数日前に亡くなったあかりの兄・彰人を救うため奔走するカナエ。しかし時間を遡っていくうちに、あかりの秘密が明らかになり……。甘くて苦い二人の春が始まる。

 

 

嘘嘘嘘、でも愛してる

嘘嘘嘘、でも愛してる

©川田戯曲/KADOKAWA ファンタジア文庫刊 イラスト:アシマ

 

ヒロインは、全員嘘つき。嘘だらけのハリボテラブコメディ

 

【あらすじ】

記憶喪失の俺はなぜかクラスメイト、幼馴染、女友達の美少女三人から毎日アプローチを受けまくってる。男なら誰もが憧れるシチュエーションの日々、羨ましいだろ? ……この中に俺を殺そうとした子がいる以外は。

 

 

育ちざかりの教え子がやけにエモい

育ちざかりの教え子がやけにエモい

©鈴木大輔・DSマイル/小学館「ガガガ文庫」

 

「ね、せんせって童貞?」

 

【あらすじ】

椿屋ひなた、14歳。新米教師である俺、小野寺達也の生徒であり、昔からのお隣さんだ。とびぬけて発育がよく、容姿にも恵まれた彼女は、何かとウワサの種になりがちで――「ねね、せんせって童貞?」「ノーコメント」大人と子どもの間で揺らぐ、この瞬間にしかない輝き。ひとあし先に大人になってしまった者にとって、それは直視しがたいほどの目映さで――「あたし、せんせとだったら……いいよ?」「おいやめろ誤解されるだろ」“育ちざかりすぎる中学生”とおくる、エモ×尊みラブコメ!

 

 

また、全国書店ネットワーク「e-hon」では2020年4月9日(木)~5月6日(水)の期間、すべての送料が無料となる施策も実施されています。本は買い溜め大歓迎です。自宅に身を置く時間が長くなるこの機会に、様々な作品を手に取ってみましょう。

 

※緊急事態宣言発令後に発売された作品を対象としておりますが、4月上旬に発売された作品も掲載のご要望があれば実施いたします。

※ライトノベルは可能な範囲で取り上げてまいりますが、ライトノベルに限らず、隣接するジャンルの作品も掲載のご依頼をいただければ臨機応変に対応いたします。

 

 

kiji

[関連サイト]

双葉文庫 キャラクター文芸サイト

集英社オレンジ文庫公式サイト

ガガガ文庫公式サイト

ファンタジア文庫公式サイト

 

皇帝陛下の美食王膳 陽春国宮廷料理帖 (双葉文庫)
ツギネ江戸奇譚 ― 藪のせがれと錠前屋 ― (集英社オレンジ文庫)
きのうの春で、君を待つ (ガガガ文庫 は 7-2)
嘘嘘嘘、でも愛してる (ファンタジア文庫)
育ちざかりの教え子がやけにエモい (ガガガ文庫 す 6-1)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ