『生活魔術師シリーズ』第5弾『生活魔術師達、大聖堂に挑む』が発売 見下された生活魔術師達のサクセスファンタジー

宝島社単行本より発売されている『生活魔術師シリーズ』の最新刊『生活魔術師達、大聖堂に挑む』が、2020年5月22日に発売された。本作は将来的に王宮や軍など様々な分野に進む人材育成校・エムロード王立魔術学院を舞台に、他の学科に見下され予算を削られた生活魔術科の生徒達による学園サクセスストーリーを描く人気シリーズ。生活魔術師は料理や掃除、整理といった日常と切っても切り離せない魔術を行使する。学院内ではバカにされながらも、人々の生活に根付いた魔術を操る生徒達の、成功と快進の物語となる。

 

 

生活魔術師達、大聖堂に挑む

 

 

【シリーズ第5弾あらすじ】

料理、掃除、整理など生活に密着した魔術を学ぶ生活魔術科。学院内で見下されていた彼らだったが、実は生活魔術はとてつもない力を秘めていた! 他の魔術科だけでなく、王族や龍神からの無理難題もなんとか乗り越えてきた生活魔術科の生徒達。しかし、ケニーが教会と揉めてしまったり、歴史学の課題で旧大聖堂の調査をしたら、200年前に活躍した『聖女』の幽霊を発見して取り憑かれたりと、今回もまた次から次へと騒動が巻き起こる。旧大聖堂を一日かからず再建! 霊脈の乱れを直し、神具すらこっそり作って、陰になり日向になり生活魔術が大活躍! 学園サクセスファンタジー第5弾!

 

 

『生活魔術師シリーズ』は2018年2月より書籍の刊行がスタートしており、2019年にはコミカライズの連載に先駆ける形でコミックスが先行発売されるなど話題を呼んだ。このたび発売されたシリーズ第5弾『生活魔術師達、大聖堂に挑む』にてシリーズ累計発行部数は10万部を突破しており、最新刊では巻頭特典として、コミカライズを担当している川上ちまき氏の描き下ろしマンガも収録されている。

 

 

【学院でバカにされた生活魔術科による快進撃が始まる】

生活魔術師挿絵02生活魔術師挿絵01

 

 

様々な魔術師の卵が通うエムロード王立魔術学院には、日常生活に役立つ魔術を開発、研究する生活魔術科が存在している。しかし学院内の一部からは「仕事は雑用くらいで大した成果も挙げられない」「あってもなくても特に困らない科」であるとバカにされていた。本シリーズは生活魔術科の生徒ケニー、ソーコ、リオンの3人を中心に、自分たちをバカにしていた存在を見返したり、生活魔術に秘められた力で活躍する爽快なストーリーが見どころとなる。シリーズ第1弾ではダンジョンに挑戦するなど、削られた科の予算を補てんするため、金策で奔走・活躍する姿が描かれた。一方の学院では、生活魔術科の活動が停止した影響により、様々な支障が出るようになってしまい、その存在が少しだけ見直されることになる。

 

 

【最新刊では生活魔術科の生徒が朽ちた旧大聖堂で奮闘!】

生活魔術師挿絵03生活魔術師挿絵04

 

 

シリーズ第5弾『生活魔術師達、大聖堂に挑む』では、生活魔術科の面々が旧大聖堂を舞台に巻き起こる騒動に挑む。シリーズ第1弾で聖教の司祭と揉めることになった生活魔術師が、最新刊でも教会と揉め事を起こすことになってしまったりと、周囲にトラブルは絶えない。一方で彼ら彼女らの目まぐるしい活躍はとどまることを知らず、秘めた生活魔術の力で問題を次々に解決していく。爽快なファンタジーを読みたい人にはぜひ手に取ってもらいたいシリーズだ。

 

 

©丘野境界/宝島社 イラスト:東西

kiji

[関連サイト]

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト

 

生活魔術師達、大聖堂に挑む
生活魔術師達、ダンジョンに挑む

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ