「逆転オセロニア小説賞」大賞受賞作『逆転オセロニア 蒼竜騎士と赤竜騎士の軌跡』がレジェンドノベルスより刊行

小説投稿サイト「セルバンテス」(現在は「NOVEL DAYS」に統合)にて、株式会社ディー・エヌ・エーが運営するスマートフォンアプリゲーム『逆転オセロニア』とのコラボレーション企画として開催した、「逆転オセロニア小説賞」の大賞受賞作『逆転オセロニア 蒼竜騎士と赤竜騎士の軌跡』が、レジェンドノベルスから2020年10月5日に紙と電子書籍で同時発売された。また、書籍の刊行を記念して『逆転オセロニア』内で特別イベントも開催されている。

 

 

逆転オセロニア 蒼竜騎士と赤竜騎士の軌跡

 

 

【あらすじ】

神に近い知能と4000年の年齢を誇る賢蒼竜イリオスは、人里離れた岩山で静かに暮らしていたが、捨てられた人間の子供を拾って育てることにした。レクシアと名付けられたその女の子はすくすくと成長したが、イリオスはレクシアが普通の人間では持ちえない能力を有していることに気が付いていた。ある日レクシアは、2000年も前に世界を危機に陥れた邪竜グレイルとヴァラーグの存在を知る。かつての戦いでイリオスとグレイルは休戦を誓ったはずだったが、グレイルとヴァラーグは再び世界を滅ぼさんと活動を活発にしているのだった。レクシアは世界と、自身の家族を守るために戦いの旅に出ることをイリオスに告げる。「大切なものを守るためなら、私だって、戦えるよ」。レクシアの決意は固く、イリオスも「これが運命」と受け入れて、レクシアに剣や魔法の力を伝授する。こうしてレクシアは、己の大切なものを守るため、蒼竜の騎士となるべく、生まれ故郷を後にするのだった。大人気ゲーム『逆転オセロニア』の世界観をベースにした、「逆転オセロニア小説賞」受賞作がついに刊行!

 

 

『蒼竜騎士と赤竜騎士の軌跡』は、熱心な『逆転オセロニア』プレイヤー(オセロニアン)でもある高嶺バシク氏によって、「逆転オセロニア小説賞」のために書き下ろされた作品。過去にゲーム内イベントで登場したキャラクターたちの冒険の旅を描いた、オセロニアンならではの『逆転オセロニア』愛溢れる作品となっている。高嶺バシク氏は本作がデビュー作となる。

 

【『逆転オセロニア』内特別イベント】

書籍の刊行を記念して、『逆転オセロニア』に2020年10月5日(月)~ 10月15日(木)11:59の期間中にログインした方全員に、物語に登場するレクシアとアルンをモチーフとした記念キャラクター駒「A+[蒼赤の友]レクシア&アルン」」がプレゼントされる。※プレゼント期間終了の2020年10月15日(木) 12:00以降は、ゲーム内にて交換ができるようになる予定。

 

 

オセロ・Othelloは登録商標です。TM&© Othello,co. and MegaHouse

© 2016 DeNA Co., Ltd.

kiji

[関連サイト]

『逆転オセロニア』公式サイト

レジェンドノベルス公式サイト

 

逆転オセロニア 蒼竜騎士と赤竜騎士の軌跡 (レジェンドノベルス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ