『貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?』のコミカライズ連載がコミックゼロサム1月号より開始

一迅社ノベルス刊『貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?』のコミカライズ連載が、2020年11月27日発売の「コミックゼロサム1月号」よりスタートした。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、貧乏ゆえに過酷な人生を歩んだ令嬢が、「2周目の世界」で貧乏からの脱却に奔走した結果、本人の意思とは別にハーレムが築き上げられてしまうファンタジーコメディ。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は遊行寺たま氏が担当しており、第1話が巻頭カラーを飾った。後には引けない聖女の華麗(?)な冒険譚がコミックでもスタートした。

 

 

貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?

 

 

【原作小説あらすじ】

男爵令嬢なのに、生活苦から冒険者になった私、ソフィア。ある日、無理が祟ってダンジョンの奥で死んでしまった……のに、なぜか気付いたら生まれたときに逆戻りしていた! そこから私はがんばった。猛特訓した。そうして常にキラッキラの笑顔で、精度が高い魔法が使える、パーフェクトソフィアの出来上がり! それなのに15歳になった時、お父様に病を患ったと告げられ、医療費を稼ぐために結局、冒険者になることに……。「こうなったら前世の記憶や経験を活かして、速攻で稼ぎまくってササっと引退してやる!」 そう決めて冒険していたところ、なぜか王子様たちが集まってきて、みんなからは聖女扱いされて、果てには違法なことをやってる厄介な人物と戦うことになっちゃって――!?

 

 

原作小説第1巻発売時にはインタビューも実施している。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?』は、一迅社ノベルスより第1巻が発売中。最新2巻も2020年12月28日発売。

 

馬路まんじ先生インタビュー:貧乏から脱却したいだけだった令嬢の物語のはずが……

 

 

©馬路まんじ/一迅社 イラスト:ひさまくまこ

kiji

[関連サイト]

一迅社ノベルス公式サイト

 

コミックZERO-SUM2021年1月号
貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~ (一迅社ノベルス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ