『このマンガがすごい! 2021』:『チェンソーマン』がオトコ編1位、『女の園の星』がオンナ編1位を獲得

2020年12月14日に発売された『このマンガがすごい!2021』(宝島社刊)にて、『チェンソーマン』がオトコ編第1位、『女の園の星』がオンナ編第1位を獲得した。『このマンガがすごい!』は宝島社が2005年より年度版として刊行しているマンガ好きのガイドブック。男性向け作品から選ばれるオトコ編と女性向け作品から選ばれるオンナ編でそれぞれ50位までランキングが発表されている。本誌では第1位を獲得した『チェンソーマン』と『女の園の星』の作者によるインタビューが掲載されているほか、各20位までのレビューも収録。さらに昨年の同誌でランクインした人気漫画家や、俳優・芸人といったマンガ好きの著名人が選んだマンガの紹介も行われている。

 

 

チェンソーマン

 

 

オトコ編では『チェンソーマン』(集英社/藤本タツキ)が第1位に輝いた。本誌発売と同日にはアニメ化も発表されるなど今後も更なる注目を集めることは間違いない。第2位には『葬送のフリーレン』(小学館/山田鐘人【作】&アベツカサ【画】)、第3位には『九龍ジェネリックロマンス』(集英社/眉月じゅん)が選ばれている。

 

 

女の園の星

 

 

オンナ編では『女の園の星』(祥伝社・和山やま)が第1位に輝いた。第2位には『後ハッピーマニア』(祥伝社/安野モヨコ)、第3位には『薔薇はシュラバで生まれる―70年代少女漫画アシスタント奮闘記―』(イースト・プレス/笹生那実)が選ばれた。また、富士見L文庫から発刊されている小説『わたしの幸せな結婚』のコミカライズ(スクウェア・エニックス/顎木あくみ【作】&高坂りと【画】&月岡月穂【キャラ】)が第6位にランキングされるなど、漫画サイドからも大きな注目を集めている。

 

 

わたしの幸せな結婚

 

 

本誌内特別企画の2020年に完結した名作マンガの特集では『五等分の花嫁』(講談社・春場ねぎ)の完結記念特別インタビューも収録されている。極め付けは各界のマンガ好き約100名が選ぶすごいマンガも見どころとなっており、本誌を読んで気になったマンガをぜひ手に取ってみてもらいたい。

 

 

kiji

[関連サイト]

宝島社公式サイト

 

このマンガがすごい! 2021

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ