『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける』のコミカライズ連載が開始

モンスター文庫刊『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける』のコミカライズ連載が、「電撃コミック レグルス」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、通っていた全寮制の学校ごと異世界に転移してしまったいじめられっ子の主人公が、1人で生きていくのか、仲間とともに生きるのかという選択を繰り返しながら戦う異世界転移サバイバル。原作小説は全9巻で発売中となっている。コミカライズの作画はツカモリシュウジ氏が担当しており、第1話が54ページで公開された。異世界の過酷な環境やいじめのトラウマと戦いながら生き残りを目指すサバイバルファンタジーがコミックでもスタートした。

 

 

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける

 

 

【原作小説あらすじ】

ある私立の全寮制の学校が、まるごと異世界に転移した。いじめられっ子の賀谷和久は、いじめの主犯を殺すために掘った落とし穴で、偶然、モンスターを殺す。その瞬間から、和久はモンスターに対抗できる、稀有な存在へと進化した。そして和久は、オークに襲われていた下園亜理栖を助ける――「小説家になろう」で大人気のファンタジー、待望の書籍化!

 

 

⇒ コミカライズ版『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける』はこちら

 

次回の更新は2021年10月15日(金)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける』は、モンスター文庫より全9巻で発売中。

 

 

©横塚司/双葉社 イラスト:マニャ子

kiji

[関連サイト]

モンスター文庫公式サイト

 

ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける(9) (モンスター文庫)
ぼくは異世界で付与魔法と召喚魔法を天秤にかける : 1 (モンスター文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ