冤罪脱出ADV&弾幕STG『冤罪執行遊戯ユルキル』のノベライズが2022年5月30日発売決定

株式会社イザナギゲームズの冤罪脱出ADV&弾幕STG『冤罪執行遊戯ユルキル』のノベライズが、2022年5月30日にエンターブレイン単行本より発売されることが決定した。本作は『賭ケグルイ』の河本ほむら氏武野光氏が原作とシナリオを、 シューティングパートの開発をグレフが担当する作品。物語は大量殺人の冤罪を着せられ、無罪を勝ち取るためのゲームに参加した主人公と、己が願いのためにゲームに参加した殺人事件の被害者がタッグを組み、無人の遊園地“ユルキルランド”のアトラクションに挑んでいく。発売が決定したノベライズでは、ゲームシナリオを担当する武野光氏が執筆を行い、イラストはゲームでキャラクターデザインを担当する清原紘氏が務める。ゲームは2022年5月26日に発売が予定されており、ノベライズもその直後に上・下巻の同時発売が予定されている。

 

 

冤罪執行遊戯ユルキル 発売決定

 

 

【上巻あらすじ】

監獄で目覚めた春秋千石。狐の仮面を被ったびん子と名乗る女が言う。「犯罪者のあなたにチャンスをあげましょう。これからとある遊園地の様々なアトラクションに挑み、勝利すれば無罪放免です」「違う、俺は冤罪なんだ!」さらに現れたのは、被害者の莇リナだった。舞台は、無人の遊園地『ユルキルランド』。そこには千石の他にも、4組の犯罪者と被害者がいた。犯罪者を『囚人』、被害者を『執行人』と呼び、ペアを組んでアトラクションに臨む。囚人は無罪を勝ち取りたい。執行人は勝てば望んだものが手に入る。恨みを晴らすこともできる――。アトラクションに挑むなかで明かされていく、それぞれの秘密。残酷で狡猾なこのユルキルランドで勝ち残るのは、誰か。赦スor殺ス 狂気のエンターテインメント、開幕!

 

【下巻あらすじ】

舞台は、無人の遊園地『ユルキルランド』そこには5組の犯罪者と被害者がいた。犯罪者を『囚人』、被害者を『執行人』と呼び、ペアを組んでアトラクションに挑む。狐の仮面を被ったびん子に誘われ、次に挑戦するのは執行人・明烏イザネ、囚人・御室玄徳の『謀略殺人チーム』。そして執行人・岡恵一、囚人・一凛花華の『ストーカー殺人チーム』。囚人は無罪を勝ち取りたい。執行人は勝てば望んだものが手に入る。恨みを晴らすこともできる――。残酷で狡猾なこのユルキルランドで勝ち残るのは、誰か。赦スor殺ス 狂気のエンターテインメント、開幕!

 

 

【予約情報&特典情報】

■ゲーマーズ店舗特典:オリジナルブロマイド

⇒ ゲーマーズでの上巻の予約はこちら

⇒ ゲーマーズでの下巻の予約はこちら

 

■アニメイト店舗特典:プロフィールカード6枚(対象商品2点を購入した方)

⇒ アニメイトでの上巻の予約はこちら

⇒ アニメイトでの下巻の予約はこちら

 

■カドカワストア

⇒ カドカワストアでの上巻の予約はこちら

⇒ カドカワストアでの下巻の予約はこちら

 

 

■『冤罪執行遊戯ユルキル』とは

河本ほむら(賭ケグルイの原作者)原作、弟の武野光がシナリオ、清原紘(蒼き⾰命のヴァルキュリアキャラクターデザイン)キャラクターデザインによる冤罪脱出ADV&弾幕STG。BGMはモンスターハンターシリーズの作曲家 ⼩⾒⼭優⼦が担当。シューティングパート開発はシューティングゲームの⽼舗グレフ。

 

 

 

 

kiji

[関連サイト]

『冤罪執⾏遊戯ユルキル』公式サイト

KADOKAWAオフィシャルサイト

 

冤罪執行遊戯ユルキル 上
冤罪執行遊戯ユルキル 下

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ