『災害で卵を失ったドラゴンが何故か俺を育てはじめた』のコミカライズ連載が開始

Mノベルス刊『災害で卵を失ったドラゴンが何故か俺を育てはじめた』のコミカライズ連載が、「マンガがうがう」にて開始された。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、ドラゴンの住む魔境で仲間の裏切りに合い瀕死となった主人公が、ドラゴンの巣で目覚めて始まるドラゴンとTS少女の交流の物語を描く。原作小説は現在第1巻が発売されている。コミカライズの作画は非常口渉氏が担当しており、第1話が無料公開されているほか、先読みではその続きを読むことができる。災害で卵を失ったドラゴンとドラゴンの養子になった主人公の親子愛ストーリーがコミックでもスタートした。

 

 

災害で卵を失ったドラゴンが何故か俺を育てはじめた

 

 

【原作小説あらすじ】

冒険者パーティーの雑用係としてこき使われていた男■■■■■は、ドラゴンが棲む魔境・クグセ山でパーティメンバーに裏切られ、瀕死の重傷を負う。目を覚ました場所は、災害で卵を失ったレッドドラゴン・カファルの巣。記憶も名前も失い、ルシェラという少女になっていた。どうやらカファルは、ルシェラを娘として育てはじめたようで──?

 

 

次回の更新は2022年5月18日(水)が予定されている。コミカライズ版を読んで物語の続きが気になった読者はぜひ原作小説も読んでみよう。『災害で卵を失ったドラゴンが何故か俺を育てはじめた』は、Mノベルスより第1巻が発売中。最新2巻も2022年5月28日発売。

 

 

©霧崎雀/双葉社 イラスト:こずみっく

kiji

[関連サイト]

Mノベルス公式サイト

 

災害で卵を失ったドラゴンが何故か俺を育てはじめた (Mノベルス)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ