『竜殺しのブリュンヒルド』のスペシャルPVが公開 種﨑敦美さん×大塚剛央さんが出演

電撃文庫刊『竜殺しのブリュンヒルド』のスペシャルPVが公開されている。本作は第28回電撃小説大賞「銀賞」受賞作で、竜殺しである実の父親に、竜である育ての父親を殺された少女が、「誰も憎んではならない」という育ての父の言葉と、仇である実の父への復讐心を抱えながら生きる愛と憎しみの物語を描く。原作小説は第1巻が6月10日に発売されたばかりで、公開されたPVでは竜に育てられた少女・ブリュンヒルド役を種﨑敦美さん、ブリュンヒルドの生き別れの兄・シグルズ役を大塚剛央さんが演じている。

 

 

竜殺しのブリュンヒルド

 

 

【あらすじ】

竜殺しの英雄、シギベルト率いるノーヴェルラント帝国軍。伝説の島「エデン」の攻略に挑む彼らは、島を護る竜の返り討ちに遭い、幾度も殲滅された。エデンの海岸に取り残され、偶然か必然か――生きのびたシギベルトの娘ブリュンヒルド。竜は幼い彼女を救い、娘のように育てた。一人と一匹は、愛し、愛された。しかし十三年後、シギベルトの放つ大砲は遂に竜の命を奪い、英雄の娘ブリュンヒルドをも帝国に「奪還」した。『神の国で再会したければ、他人を憎んではならないよ。』復讐に燃えるブリュンヒルドの胸に去来するのは、正しさと赦しを望んだ竜の教え。従うべくは、愛した人の言葉か、滾り続ける愛そのものか――。第28回電撃小説大賞《銀賞》受賞の本格ファンタジー、ここに開幕!

 

 

種﨑敦美×大塚剛央『竜殺しのブリュンヒルド』PV【電撃小説大賞《銀賞》】

 

 

PVを視聴して興味を持った方はぜひ本作を読んでみよう。『竜殺しのブリュンヒルド』は、電撃文庫より第1巻が発売中。

 

 

©東崎惟子/KADOKAWA 電撃文庫刊 イラスト:あおあそ

kiji

[関連サイト]

『竜殺しのブリュンヒルド』特設サイト

電撃文庫公式サイト

 

竜殺しのブリュンヒルド (電撃文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ