『千歳くんはラムネ瓶のなか』のコミカライズが決定 超絶リア充主人公の青春ラブコメ

ガガガ文庫刊『千歳くんはラムネ瓶のなか』のコミカライズが決定した。本作は第13回小学館ライトノベル大賞「優秀賞」受賞作で、高校のトップカーストに君臨する超絶リア充主人公による“リア充側”を描いた青春ラブコメ作品。原作小説は現在第2巻まで発売されている。コミカライズの作画はボブキャ氏が担当することも決定しており、連載は「マンガUP!」にて行われる。“リア充側”を描いた青春ラブコメが漫画化に向けて動き出している。

 

 


        【先週の重版:11月10日~11月16日】『千歳くんはラムネ瓶のなか』第1巻、『安達としまむら』第1巻など      _0

 

 

【第1巻あらすじ】

「五組の千歳朔はヤリチン糞野郎」――学校裏サイトで叩かれながらも、藤志高校のトップカーストに君臨するリア充・千歳朔。彼のまわりには、外見も中身も優れた友人たちがいつも集まっている。圧倒的姫オーラの正妻ポジション・柊夕湖、努力型の後天的リア充・内田優空、バスケ部エースの元気娘・青海陽……。仲間たちと楽しく新クラスをスタートさせたのも束の間、朔はとある引きこもり生徒の更生を頼まれる。これは、彼のリア充ハーレム物語か、それとも――? 新時代を告げる“リア充側”青春ラブコメ、ここに堂々開幕!!

 

 

コミカライズの連載は2020年4月11日(土)のスタートが予定されている。本作は第2巻の刊行時に「『弱キャラ友崎くん』×『千歳くんはラムネ瓶のなか』最新刊同時発売記念 屋久ユウキ×裕夢 青春ラブコメ対談インタビュー」も行われているので、あわせてチェックしてもらいたい。コミカライズの連載を控えるこの機会にぜひ本作を読んでみよう。『千歳くんはラムネ瓶のなか』は、ガガガ文庫より第2巻まで発売中。最新3巻も2020年4月17日発売。

 

 

©裕夢/小学館 イラスト:raemz

kiji

[関連サイト]

ガガガ文庫公式サイト

 

千歳くんはラムネ瓶のなか (3) (ガガガ文庫)
千歳くんはラムネ瓶のなか (ガガガ文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ