実写ドラマ『異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』が2022年5月よりWOWOWにて放送決定

宝島社発の実写ドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』の第2期となる『異世界居酒屋「のぶ」Season2 ~魔女と大司教編~』が、2022年5月よりWOWOWにて放送開始となることが決定した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、異世界に繋がった居酒屋「のぶ」で巡る様々な「食」と「出会い」を綴るグルメファンタジー。原作小説は現在第7巻まで発売されている。2018年のアニメ化に続き、2020年にドラマ化。続編となる『異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』においても監督・脚本は品川ヒロシ氏が担当、食に一途な職人かたぎの料理人・大将こと矢澤信之役を大谷亮平さん、愛される看板娘・千家しのぶ役を武田玲奈さんが引き続き演じる。WOWOWプライムにて全10話での放送となり、第1話は無料放送が予定されている。

 

 

異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~

 

 

【あらすじ】

京都の寂れた通りに店を構えた居酒屋「のぶ」は、正面入口がなぜか中世ヨーロッパのような異世界・アイテーリアへと繋がってしまう。元は料亭の板前だった大将こと矢澤信之(大谷亮平)と明るく利発な看板娘の千家しのぶ(武田玲奈)は、アイテーリアで店を始めることに。すると冷えたビール“トリアエズナマ”が人気となり、徐々に店は繁盛していった。兵士、職人、商人、貴族など、仕事も身分も様々な客たち誰もが気軽にちょっと一杯。彼らは「のぶ」で未体験の料理とお酒の美味しさに驚きながら、幸せな時間を過ごし日々の疲れから解き放たれていく

 

 

ドラマ第1期最終回放送直後には、Twitterで「#のぶシーズン2希望」の署名運動が起こり、トレンド入りするほどの盛り上がりを見せた本作。第2期ドラマは原作小説第2巻の内容となり、ドラマの特設ページでは出演者やスタッフ陣からのコメントも寄せられているので、あわせて確認してもらいたい。第2期で新たに登場するキャスト情報についても発表を楽しみにしよう。『異世界居酒屋「のぶ」』は、宝島社単行本より第7巻まで発売中。

 

蝉川夏哉先生×品川ヒロシ監督スペシャル対談:ドラマ化の最初の印象はお互いに「無理、不可能」だった

 

 

kiji

[関連サイト]

WOWOWオリジナルドラマ『異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』

WOWOWオリジナルドラマ『異世界居酒屋「のぶ」』

『異世界居酒屋「のぶ」』原作公式サイト

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト

 

異世界居酒屋「のぶ」七杯目 (単行本)
異世界居酒屋「のぶ」 (宝島社文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ