『転生して田舎でスローライフをおくりたい』がシリーズ累計30万部を突破

宝島社刊『転生して田舎でスローライフをおくりたい』がシリーズ累計30万部を突破した。本作は小説投稿サイト「小説家になろう」発の作品で、トラックに轢かれて異世界へと転生した主人公の、次はのんびり田舎で暮らしたいという願いが通じ、田舎貴族の次男として楽しくのんびりとしたスローライフを描く人気シリーズ。原作小説は第8弾「はじめての家族旅行」が5月9日に発売されたばかり。2017年からはコミカライズの連載も行われており、小説と漫画の双方で注目を集め続けている。

 

 

転生して田舎でスローライフをおくりたい はじめての家族旅行

 

 

【第8弾あらすじ】

アルが王都で剣(トング)を交わしたエリック。その決闘の話が貴族界隈で広まり、エリックのシルフォード家とスロウレット家が険悪なのでは、と噂になっているのだとか(byノルド父さん)。その噂を払拭するため、エリック家へ家族一同で遊びに行くことにした。うーん、俺は正直カグラから帰ってきたばかりだから行きたくないぞ。海も飽きるほど見たし。「えっ、シルフォードの領地には海があるんだね! 僕、初めて見るんだ。楽しみだなあ」 ……シルヴィオ兄さんの天使の笑顔が沁みる。こんな顔をされたら行かないわけにはいかないな。 「アル! 旅の間は朝晩毎日稽古よ!」 前言撤回。鬼姉と共にゆく旅行、俺の命(というか体力)は間違いなく燃え尽きる。 アルフリート、果たして無事に村へ帰ってこられるでしょうか……。

 

 

また、5月11日にはこのライトノベルがすごい!文庫より、文庫版の第1巻が発売する。単行本で人気を博している本作をこの機会に文庫で読んでみるのもいいだろう。『転生して田舎でスローライフをおくりたい』は、宝島社より第8弾まで発売中。

 

 

©錬金王/宝島社 イラスト:阿倍野ちゃこ

kiji

[関連サイト]

宝島社(このライトノベルがすごい!文庫)公式サイト

 

転生して田舎でスローライフをおくりたい はじめての家族旅行
転生して田舎でスローライフをおくりたい (このライトノベルがすごい! 文庫)

ランキング

ラノベユーザーレビュー

お知らせ